CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
サイトに広告を貼って稼ぐなら『忍者AdMax』
adv.
MOBILE
qrcode
<< 2月読書まとめ | main | 4月読書まとめ >>
3月読書まとめ
0
    JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜


     
    デビルマンがすごかった!

    2015年3月の読書メーター
    読んだ本の数:29冊
    読んだページ数:5659ページ
    ナイス数:218ナイス



    バカになるほど、本を読め!バカになるほど、本を読め!感想
    フォトリーディングと読書会についてなど。本は読んだことはやっぱりすぐに行動に移すことが大切ですね。読書は目的によって読み方を分けてもいいと思いました。初めから目的志向型で読むとどうしてもそれ以外の情報を読み飛ばすというか目に入らなくなってしまう所もあるので、自分の知らない情報を得たい場合には向かないかも。知りたい事を知る読書にはフォトリーディングは向いてますね。読書会はとても有益ですね。
    読了日:3月1日 著者:神田昌典
    斎藤一人 神様に上手にお願いする方法 (15分間シリーズ)斎藤一人 神様に上手にお願いする方法 (15分間シリーズ)感想
    15分で読めるシリーズ。人はそれぞれに学ぶことを決めてこの世に生まれてくるんだから、自分で学ぶしかないんだよね〜
    読了日:3月1日 著者:斎藤一人
    新訳 道は開ける (角川文庫)新訳 道は開ける (角川文庫)感想
    人生につきまとうあらゆる「不安」をいかにして克服するか。具体的方法と、多くの人々の体験談。何度か読み返すと良いと思いました。ちょっと長いですが・・・。
    読了日:3月2日 著者:D・カーネギー
    脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)感想
    脳には生きたい、知りたい、仲間になりたいという本能がある。それと同時に統一•一貫性と自己保存というクセがあり、それらが時に脳のパフォーマンスを下げたりする。この本は脳のしくみの理解の上に能力アップを図るためのアドバイスがたくさんあり面白かったです。特に「だいたいできた」で安心してはいけないの章面白いです。脳の報酬系って強烈なだけに上手く利用しないと。
    読了日:3月2日 著者:林成之
    ヒンシュクの達人 (小学館新書)ヒンシュクの達人 (小学館新書)感想
    爆笑してスッキリした〜
    読了日:3月7日 著者:ビートたけし
    デビルマン (2) (KCデラックス (436))デビルマン (2) (KCデラックス (436))
    読了日:3月9日 著者:永井豪,ダイナミックプロ
    デビルマン (3) (KCデラックス (437))デビルマン (3) (KCデラックス (437))
    読了日:3月9日 著者:永井豪,ダイナミックプロ
    マンキュー入門経済学マンキュー入門経済学感想
    ざっくり3回読み。ミクロとマクロの入門編。とても分かりやすくて丁寧な説明なので経済学を勉強したことない人でも理解しやすいです。比較優位とかあんまりよく分かってなかったのでこの本はとても助かりました。もう少し繰り返し読みます。入門といってもかなり分厚い!
    読了日:3月9日 著者:N.グレゴリーマンキュー
    水滸伝 5 玄武の章 (集英社文庫 き 3-48)水滸伝 5 玄武の章 (集英社文庫 き 3-48)感想
    本格的なぶつかりあいが始まった。読みだすと止まらないんですよね〜
    読了日:3月10日 著者:北方謙三
    社長は「人」に頼るな、「仕組み」をつくれ!社長は「人」に頼るな、「仕組み」をつくれ!感想
    社長から見た社員という目線は大切だと思う。多少耳が痛いなという部分もありました。
    読了日:3月10日 著者:山田博史
    音楽家ならだれでも知っておきたい「呼吸」のこと―美しく豊かな歌声のために音楽家ならだれでも知っておきたい「呼吸」のこと―美しく豊かな歌声のために感想
    大きい人体の図がいいです。歌うことに特化するなら「歌手なら知っておきたいからだの事」の方が具体的で役に立ちました。
    読了日:3月12日 著者:バーバラコナブル
    高校英語入門 高校初級用 書き込み式20日間完成 (書き込み式 20日間完成)高校英語入門 高校初級用 書き込み式20日間完成 (書き込み式 20日間完成)感想
    中学で習う構文をこのうす〜い本で総復習できるという中々に素晴らしい本でした。1ページ目でまとめて、2ページ目に簡単なドリルでそれが20日間分です。とっても薄いのでやろうと思えば3日で十分できると思いますが、例文もいいと思いました。このシリーズいいなぁ^^
    読了日:3月12日 著者:
    図解 仕事力が身につく必読の「古典」50冊図解 仕事力が身につく必読の「古典」50冊感想
    古典には読み継がれる理由がある。5つのテーマでそれぞれ10冊ずつあげられ、1ページで内容や著者のプロフィール、ポイントが纏められているので、自分が読みたそうなものを選ぶのに役立ちました。
    読了日:3月14日 著者:成毛眞
    鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー)鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー)感想
    もっと面白い本に紹介されていたので借りました。語り方が面白いです。恐竜って子供のころから比べてイラストとか動きとか変化してきているので、だんだんわかってきたことって沢山あるんだなぁと思います。人類よりもはるかに長い歴史があった恐竜の世界。見てみたいですよね。恐竜が通った道は確かにけもの道どころか県道くらいになってただろう・・・(笑)
    読了日:3月17日 著者:川上和人
    ハーバードの自分を知る技術 悩めるエリートたちの人生戦略ロードマップハーバードの自分を知る技術 悩めるエリートたちの人生戦略ロードマップ感想
    自己分析することはとても大切なことですが、なかなか難しい作業だとも思います。順を追って取り組んでいくととても良い効果があると思いました。自分の事を自分で知ることは意外に難しい事だ。
    読了日:3月17日 著者:ロバート・スティーヴン・カプラン
    CAD基本学習書CAD基本学習書感想
    500円ではこんなものかなと・・・。説明が少なすぎる。少しは分かってる人ならこれでもできるのかもしれませんが、まったくの初心者だと分からない部分が多すぎる。
    読了日:3月19日 著者:松井瑤子
    世界史劇場 イスラーム世界の起源世界史劇場 イスラーム世界の起源感想
    ムハンマドの誕生からイスラム教の誕生そしてお家騒動、数々の戦乱、統合と分裂。イラストが多くて、わかりやすくまたざっくばらんな語り口調なので面白く読めました。こういう教科書だったらいいのになぁ。あとがきに歴史学習とは「感じるもの」「たのしむもの」「体感するもの」であり「暗記する」ものではありませんと書いてますが本当そうですね。脈々と繰り広げられる人間ドラマを体感し、そこから学ぶことは面白いし又大切なことでもある。歴史に対する理解を深める事は人間理解にもつながる大切な要素だと思います。
    読了日:3月20日 著者:神野正史
    5日間で「自分の考え」をつくる本5日間で「自分の考え」をつくる本感想
    内容が多くて充実していました。良いレビューとはどういうものかここまで具体的に考えたことがなかったです。今の時代はあっちこっちでレビューがあふれかえっていて、役立つレビューが書ければそれだけ個人が世の中に影響を与えることができるチャンスがあるともとれる。 物を考えるための技術の伝授と、自分なりに考える力をつけるための鍛え方など色々な方法を紹介。当事者意識というのは、意思決定にもレビューを書くことにも重要なキーワード。
    読了日:3月20日 著者:齋藤孝
    本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)感想
    まさに活字中毒ですね。それにしても読書歴はやっぱりすごい。湯川秀樹さんの自伝を読んだ時もすごい読書家だなぁとおもったものですが、出口さんが食べるように読んでいる姿を想像してしまいました。古典を読むことによって超一流の思考のプロセスを追体験できるという記述が印象に残りました。
    読了日:3月20日 著者:出口治明
    デビルマン(5) (マガジンKC)デビルマン(5) (マガジンKC)感想
    こういう終わり方になるとはちょっとびっくりでした。これは中々に毒が回ってきます。 悪魔と合体しても人間として生きようとする苦悩や葛藤、姿は人間でも悪魔のような人間、人が極限状態で疑心暗鬼になるようちょっと煽ってあげるだけでいとも簡単に殺人鬼集団となってしまう心の弱さや残虐性。人の脳の欠陥的な部分なのかな。大切な人を奪ったのは悪魔ではなく人間だった。その人間も滅びていった。神とは?サタンとは?色々と考えさせられる。
    読了日:3月21日 著者:永井豪
    デビルマン (4) (KCデラックス (438))デビルマン (4) (KCデラックス (438))
    読了日:3月23日 著者:永井豪,ダイナミックプロ
    世界最高のピアニスト (光文社新書)世界最高のピアニスト (光文社新書)感想
    クラシック好きじゃない人が読んでも、ここに紹介されているCDは聴いてみたいなとそそられると思います。相当な毒舌ぶりですが、面白いし小見出しだけでも笑える。ドス黒いモーツアルトに成人指定必至のエロいブラームスとかアル中患者が見た幻影といった趣のムソルグスキーとか言われたら聴きたくなりませんか?!この本に出てくるアクの強い演奏家の演奏に対する評論を読んでいると毒舌の中に愛情を感じますし同じ曲に対する評論が多かったりするので聴き比べたくなると思います。私はフー・ツォンの夜想曲は好きですねぇ。
    読了日:3月23日 著者:許光俊
    論語と算盤 (角川ソフィア文庫)論語と算盤 (角川ソフィア文庫)感想
    時代は変わっても普遍的なことはたくさんある。「物質的文明がすすんだ結果は、精神の進歩を害したと思う」と書いておられますが、この時代ですらそう思ったのですから、今はなおさら・・・。国際社会において日本はどうあるべきか?教育のこと、勉強のこと、商売のこと、お金のこと、貧富の格差のこと等々多くの事を現実世界をよく分析されながら、論語や哲学などに照らしてこういう風にしたらもっと世の中よくなるんじゃないか?!っていう話を沢山してくれてます。その当時に憂いていたことが今の世の中ではさらに悪い面が発達してしまっているな
    読了日:3月28日 著者:渋沢栄一
    イスラム国 テロリストが国家をつくる時イスラム国 テロリストが国家をつくる時感想
    世界史劇場のイスラームの世界を読んでからこちらを読んだので理解に助かった。複雑な歴史背景の上に非常に巧いやり方でイスラム国はその勢力を拡大している。今までのテロリスト集団とどこが違うのか、なぜ国と言われるのか、この先世界はどう決断していくのか。難しいところもありましたが、この本を読んで良かったと思います。
    読了日:3月29日 著者:ロレッタナポリオーニ,池上彰
    変感想
    自伝的小説。面白かった。トラックとか、同級生の何志武の不思議でちょっと魅力的で、でも相容れない性格の部分の書き方とか。終わり方も良かった。長編小説を読んでみたい。あとチャンイーモウ監督の映画が無性に見たくなるよ。
    読了日:3月29日 著者:莫言
    いたいいたいはとんでいけ (松谷みよ子あかちゃんのわらべうた 2)いたいいたいはとんでいけ (松谷みよ子あかちゃんのわらべうた 2)感想
    母が久しぶりに絵本を買ってきてくれたので^^佐野洋子さんの絵本大好き。
    読了日:3月30日 著者:松谷みよ子
    クマムシ?!―小さな怪物 (岩波 科学ライブラリー)クマムシ?!―小さな怪物 (岩波 科学ライブラリー)感想
    こんなに不思議な生物が身近に生活しているんだなと思うと面白い。クマムシ樽が宇宙を飛んだら・・・確かに妄想膨らみます。のこのこ歩く姿は見てみたいですね。
    読了日:3月30日 著者:鈴木忠
    青猫青猫感想
    やっぱり朔太郎は好き。
    読了日:3月31日 著者:萩原朔太郎
    エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にするエッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする感想
    集中と選択が大事。何でもかんでもやろうとしない。できると思わない。本質的目標が何なのか?最重要なことは何なのか?見直す機会になった。
    読了日:3月31日 著者:グレッグ・マキューン

    読書メーター
    | 読書 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 09:05 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://sachimandayo.jugem.jp/trackback/268
      トラックバック